エールサポート2022 冬のワークキャンプ その④雪遊び

制度内外の活動を通して

「わんぱくにたくましく」をモットーに活動中の

明石朝霧の放課後等デイサービス

エールサポートクラブ

~働くことがメインのテーマ~と銘打っての

「エールサポートクラブ 冬のワークキャンプ2022」

すでに

その① 「働くこと」里山保全活動

その② 「働くこと」お寺の清掃活動

その③ 「働くこと」食事作り&後片付け

とその様子をお伝えしてきましたが

本日は、

その④ 雪遊び

のレポートをします。

 

【1日目午後】

年末の寒波で道中の日陰に雪が残っており

ロッジ到着後、雪を求めて山の上へ

山の北側の斜面に雪で遊べそうな場所を発見!!

瀬戸内の気候 

オリーブの木が庭木にあるような

地中海性気候といってもいいような場所で生活している

明石周辺のメンバー達にとって

雪はとってもめずらしく

えらく興奮しております

これはいったい何の跡形

こんなことをしてみたり

こんなものもつくってみました!!

 

 

以下、写真集っぽく(笑)

 

 

 

【2日目午後】

二日目の午後のフリータイムも

迷わず昨日の場所へ

一日でかなり雪はとけてきましたが

昨日からかなり遊びが進化して

雪の下の落ち葉までひっつけながら

でかい雪だるまづくりにいそしむ姿も

こちらはなにを造っているのでしょうか??

その周囲では走り回る子もいます。

無秩序にみえて秩序の中で遊んでいます。(笑)

雪国の人たちにしてみると

「なにがそんなに楽しいの・・・」って思われそうですが

たのしいんです、大興奮なのです。

雪もどんどんなくなりつつありますが

なんとか

雪だるまが完成しそうです

冷たいのに手袋はずして最後の仕上げに入っています

これぞ「自らに由る遊び」って光景です。

こちらは

こんなのができました!!

 

 

午前中は里山やお寺の登山などでの活動

午後は雪遊びと一日外での活動ですが

「温室育ち」と逆行し

「自らに由る遊び」を追求することもモットーの

明石朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブ

ロッジにもどると遊びがはじまります。

雪遊びで濡れた靴と冷えた体は

薪ストーブであたため乾かしましょう!!

 

今回はただゆきで遊ぶだけのレポートでしたが

ラスト一回

「エールサポートクラブ 冬のワークキャンプ2022」

のブログ書けそうですので

次回につづく。

 

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。