ピザと豚汁でエールサポートのプチクリスマス会@里山 前編

明石朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブにとっては

本日が日曜日としては

年内最後の里山活動日

連日朝の気温は寒い!!中ではありますが

明石朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブ

12月の里山活動のスタートです!!

里山に着くとバケツには氷がはっており

冬の風情もばっちりです。

 

さて、本日の活動は

①年末に薪を使う予定があるようなので

薪の準備と

②里山特製窯焼きピザと豚汁で

プチクリスマス会を催します。

プチクリスマス会といっても

いきなり火加減調整された窯で

ピザを焼いて「おいしかった~~」という

コンビニエンスな体験をすることを

エールサポートクラブは一切求めておらず

この写真に至るまでに

メンバー自身が手足を動かし、全身を使って

知恵を出し合い協力しながらの作業

をすることが目的であって

「プチクリスマス会」は名ばかり

中身はいつもの「エールスタンダード」での

活動スタートです。

 

 

先ほどの美しい炎の暖まった窯をイメージしながら

まずは、

窯に残っている灰の掃除から進めていきましょう。

その後は火が付きやすい小枝を集めに山に入り

みんなで集めて戻ってきました。

日差しが出てきたものの少し寒いので

暖を取るための焚火の準備も開始

みんな分かれて自分の持ち場を分担します

煙がモクモクとあがってきましたね

焚火で体を温めて暫し休憩。

その後、薪割りも進めます

薪割り機も動かして

里山保全活動のお手伝い。

斧で割る姿も様になってきましたね。

どんどん薪ができていきます。

できた薪を運んでいきますが

その薪をジェンカのように

積み上げての「遊び」を発掘。

「お遊戯」や「〇〇遊び」のように遊ばされて育った子

には思いつかない

お手伝いを続けながらも、隙間を見つけては「遊び」を見つけ出す姿

にエール魂を感じました。

 

 

コンビニエンスを求めない方針なだけに

一つひとつに手間暇かかっていますが

そこからは、コンビニエンスの代償を

失わずにメンバーの財産が蓄積されていきます。

 

一般に言う「クリスマス会」っぽい

美味しいものを作って、食べて…

の過程にはもう少しの時間が必要です。

 

ランチに向けての用意以降の様子は

次回のブログでご報告します。

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。