秋の芋ほりと渋皮煮栗のテリーヌ エールサポートの野良仕事

今年もサツマイモ掘りの時期がやってきました。

秋の味覚、大きな栗の入った手作りおやつは後述することとして

左側の葉の茂った畝がサツマイモの畝です。

本日はこの二畝半の芋ほりをさせていただくことに・・・

観光農園ではありませんのでツルを切るところからの

作業開始です。

これが、なかなか大変です。

そしてマルチを外していきます。

今年はドバッと雨の降ることも多く、畝の水が引かない日も

多かったので生育が気になりますが、

頑張って育ってくれたサツマイモ達、

二畝半分を掘り上げていくので、どんどん作業を進めましょう!

それと同時にタマネギを植える畝の準備も進めていきます

掘り上げたイモを選別中

雨が多かったせいか、ナメクジにかじられたものもあり

少し残念・・・

こちらでは芋ほりに目もくれず、一心不乱に

さつまいものツルの山から

サツマイモのツルを切り出しています。

分かる人にはわかる

この「やめられない、とまらない」感覚・・・

(分かる人にしかわからないと思いますが)

ネギもじわじわと成長中、

あっという間に

明石朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブの

本日の野良仕事も終了です。

その後はいつもの公園で

そして本日も手作りの差し入れをいただきました。

「渋皮煮栗のテリーヌ」って言うそうです。

(舶来の名前ですが、豆腐とさつまいもと砂糖

そして少しのバターとすべての材料が兵庫県産とのことです。)

どうやら「テリーヌ」とはフランス語で「容器」って意味で、

容器に具材を入れて焼いたり湯煎したりした料理のことらしいです。

この際、言葉の意味なんていいのです・・・

ただただ、美味しい!!

でっかい栗もゴロっと入っており

野良仕事のあとの程よい疲れを癒してくれます!!

 

その後は公園に駆け出していました

 

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。