正月のひとこま!?百人一首

寒い日が続いています。
温暖な瀬戸内の気候にここ明石市も
 
 
最低気温 -2℃ 最高気温 2℃とは
 
久々の冷え込みですね。
 
 

雪国の方々にとってみれば

なにを言ってるんだって感じもしますが

ここ明石では厳しい寒さです。

 

元旦からはや1週間余りが過ぎましたが

日本古来のお正月の遊びとでもいうのでしょうか

たこあげ、福笑い、すごろく、かるた、羽根つきなど

ほとんど見なくなった昨今ですが

本日の

明石朝霧の放課後等デイサービス

エールサポートクラブでは

百人一首に興じる姿が見られました。

 

どこかのご家庭でお正月に楽しんだのか

学校で百人一首をするのか

こんな光景もいいですね。

 

なんとその後は、この寒空の中

公園に出かける光景もあり

「こどもは風の子」といった

これもまた死語になりつつある光景も目にしました。

 

ちなみに・・・

「子どもは風の子、大人は火の子」

子どもは寒い風が吹く中でも元気に外で遊びまわり、

大人は寒がって火のそばを離れないということ。

 

日本は少子化と共に、風の子自体も減少しているように感じられますね・・・

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。