2020年の締めも野良仕事で

全世界が新型コロナウイルス感染症に振り回された2020年

たくさんのイレギュラーがありながらも

明石朝霧の放課後デイ エールサポートクラブは

この一年も多くの方々に支えられ守られながら活動を続けることができました。

2020年の最後の活動日、野良仕事で今年一年を締めくくることができました。

「畑の大掃除」ではありませんが

今日は今年一年お世話になった畑の整備

石を集めたり、枯草を集めながら

お世話になった畑のメンテナンスを進めましょう

コロナの影響で

「3密を避ける」とか

「ソーシャルディスタンスィング」とかに

日々、気をつかう一年でしたが

エールサポートクラブが

今年もお世話になりました

畑や里山はその心配もなく

自然のありがたさを改めて感じた一年でした

 

そんなことを思いながら

こちらでは

ブロッコリーの畝の撤収

しゃがんで、かがんで、泥まみれになって・・・

協力して運んだり、並べたり、

野良仕事からいろんな力が身に付き

体幹も整えられていきます

 

年間を通しての野良仕事は

観光農園の収穫体験といったいいところどりではなく、

畝の準備からはじまり

種をまき

雑草たちと戦いながら

コンビニエンスに世の中が動かないことを感じ、

仲間たちと共に汗を流します。

 

また、さきほどの大根を上からみると・・・

中学1年生の理科、植物の問題

これは植物を上から見た写真です。

葉が、各々重ならないように ついているのがわかります。

なぜこのようなつき方になっているのでしょう。

を出題するのに見事なまでのピッタリな生きた教材、

畑や里山は生きた学習の場でもあります。

 

唐辛子も撤去し、実を選別していきます

 

こちらでは、燻製に夢中の姫君も

来年は更に燻製器が頻繁に登場することも期待できますね

最後に、畑の恵みのお土産までいただきました!!

 

2020年もあと数日残すのみ

本年も大変お世話になりました。

みなさま良いお年をお迎えくださいね。

2021年はどんな一年になるか楽しみです。

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。