霜の畑と幻のクリスマス会

12月後半となりました。

12月後半となりました。

12月も後半となりました。残りわずかで今年も終わりです。

2020年12月20日

この日は畑の日陰部分が真っ白に

しも

シモ

霜とは・・・

0℃以下に冷えた物体の表面に、空気中の水蒸気が昇華(固体化)し、

氷の結晶として堆積したもの。

日本語では、霜が発生することを

「霜が降りる(おりる)」「霜が降る(ふる)」

と表現することがある。

「霜」という言葉は冬の季語。

(Wikipediaより)

ちなみに

「雪は空から降って」きますが、

霜は空気中の水蒸気が氷の結晶となったものなので、

気象庁では、「霜がふる」とは言わないようですね。

 

さて、この日は本来なら毎年恒例のクリスマス会

以前のクリスマス会の様子は・・・

こんな感じです。

今年はコロナ禍で、クリスマス会は中止となりましたが、

11月の里山感謝Dayにマジシャンの方々のご厚意で

駆けつけてくださり、コロナ対策をとりつつ

楽しい場を持つことができましたね。

里山感謝Dayの様子は・・・

 

さて、本日の野良仕事に戻り・・・

寒さの中でのスタートですが

いつも通り、楽しみながら始めましょう!!

本日は、菊芋の収穫

霜を見れば、冬だな~~って感じますが

ホトケノザも生えてきて、植物はその先の季節の準備に入っていますね。

先日もそうでしたが

「ショウガ、ショウガ」といいながら

掘り上げていますが、菊芋です。

先日よりも今回の方が

ゴロゴロと大量にでてきていますね。

見事な収穫量です。

畑の隅では

炭焼きにはまっておられる姫君もおられまして、炭のにおいが広まっています。

その間に

冬眠の邪魔もしてしまい

しっぽの先を自ら切ったのか、ひきちぎったのか

定かではありませんが、観察というか

おもちゃにしてしまっており・・・

よく言えば(ですが)、自然の中で学ばせていただいております。

菊芋、すごい量

じゃがいもも

大根も

よく育っていますね

もちろん雑草たちも

雑草は「ひそかに」という感じでじわじわ伸びつつありますので

しっかり手入れも致しましょう!!

収穫は「結果」ですが

それまでの「過程」が大切ですね

その後はいつもの公園でランチタイムをお楽しみの時間です。

この頃には暖かさも感じてきました。

まだ真冬との違いを感じますね。

真冬にむかっても

明石朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブは

「わんぱくに、たくましく」

活動して参ります!!

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。