里山感謝Day④番外編|エールサポートクラブより

前回までのブログ記事で

11月3日の『里山感謝Day』

のご報告を致しました。

今回は、その番外編

里山を愛する方々のお話をご紹介・・・

 

まずは、竹灯籠グループのみなさま

『里山感謝Day』当日、『竹灯籠へのメッセージ』コーナーもあり

その中で竹灯籠へのメッセージも書かせていただきましたが

11月7日~8日にがん征圧・患者支援チャリティイベント

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2020神戸で

その竹灯籠に灯をともされたとのご連絡をいただきました。

『竹灯籠』でいつも活躍されているグループのみなさまと

里山でご一緒させていただく中で、

エールサポートのこどもたちをいつもあたたかく見守ってくださっています。

活動されている様子から『縁の下の力持ち』の精神を日頃から学ばせていただいております!

 

 

そしてつぎに、里山の師匠・・・

『里山感謝Day』の翌日にスタッフで撤収にむかったところ

里山の師匠が松茸を携えて、登場!!

話には伺っていましたが、採りたての実物をみるのははじめて!!

いつも時間を見つけては早朝から山に入られ、長年の経験と勘で

この日も見事にゲットされたようです。

そんな松茸をアルミホイルに包んで

「ほいっ」と火の中へ

その貴重な松茸を

お福分けまでしてくれるではありませんか!!

口の中に広がる香りと食感、

ご馳走様でした!!

 

今回は、イベント終了後のタイムリーな

ふたつの出来事をご紹介しましたが

里山や野良仕事でお世話になっている方々の

豊かな愛情や豊富な経験、生活を楽しむ数々の知恵

を書き出すをキリがありません。

 

そんな山を愛し、自然を愛する

里山活動や野良仕事に関わるみなさまの

大きなふところと湧き出す愛情に

エールサポートクラブの子どもたちは

日頃から育まれています。

 

「すぐに役立つことはすぐに役立たたなくなる」

「本物に即効性はない」

という言葉がありますが

里山活動や野良仕事に関わるみなさまに

助けられ、見守られながら

明石 朝霧の放課後等デイサービス

エールサポートクラブは

多くの「本物」の経験をさせていただいております!!

 

いつもお世話になっています皆様、本当にありがとうございます。

 

こんなことすべても含めて

「里山」や「野良仕事」での体験、出会いに

改めて感謝する『里山感謝Day』番外編でした。

 

 

エールサポートクラブでは、共に活動するメンバーを募集中です。

詳しくはこちらをごらんください。

 

facebook

フェイスブックでブログの更新などもお知らせいたしております。

よろしければいいね!やフォローお願いいたします。