通信25号と「トカゲのしっぽきり」

エールサポート通信 第25号が完成しました。

今回のテーマは、

「新型コロナウイルスによる学校休校中の3か月間の様子」

です。

 

今回はなんと、通信始まって以来の豪華6面構成です。

明日より配布して参ります。

是非ごらんくださいませ。

また、関係各位でお届けできていない場合はお声かけくださいませ。

 

さて、

今回の通信の中には

里山で見つけた「カナヘビ」の話題も載せました。

こちらのブログでは2020年5月29日のこちらで一度載せたものですが、

ちょうどその時の動画がありましたので

「カナヘビ」にとっては残酷なものとなり恐縮ですが、

こちらのブログでは公開させていただきます。

 

里山で捕らわれの身となってしまったカナヘビは

寝たくもないのに

枯れ葉で枕をつくり寝かされたり

ツンツン、トントンされ

おもちゃのように遊ばれてしまい

こちらの動画のように

生あくびをしてしまうまでの極度の危機状態です。

その後、「自切」=「トカゲのしっぽ切り」へと

相成ってしまいました。

 

ブログでも通信でも「自然の中で育つ・・・」とか

「野山はいい」とかいっておりますが

こんなことをブログにするなんて

人間って残酷ですね・・・って気も致します。

しかし、これも自然の摂理、カナヘビの皆様におかれましては

お許しくださいませ…

 

こんな経緯があっての

話の続きは

明石 朝霧の放課後デイ

エールサポートクラブ通信 第25号をご覧くださいませ。

 

前の記事

梅雨ですね