2/7(日) 《使っている鍬は…》|【エールサポートクラブ】明石市神戸市放課後等デイサービス

明石市 神戸市 放課後デイサービス エールサポートクラブ

 

 

如月の野良仕事

草木が生え始める季節、寒さに負けず自然のなかでの活動

 

 

 

 

 

 

 

始めにちょっと 前々回野良仕事のおさらい を…

 

1月24日の朝の畑はこんな感じで、「どこかのグラウンド?」みたいな地面からスタート

「百聞は一見に如かず」、子ども達の働く姿をダイジェストで

 

 

 

2トン牛糞堆肥

 

 

 

ショベル、バケツ、一輪車

2時間ほどの作業時間でこの堆肥を畑に撒きます。

DSC02466_R

 

 

 

DSC02489_R

 

 

 

DSC02514_R

 

 

 

0003

 

 

 

DSC02311_R

 

 

 

DSC02378_R

 

 

 

DSC02460_R

 

 

 

DSC02522_R

 

 

 

0001

 

 

 

エールサポートの子どもたちの共同作業の結果がこちら

DSC02557_R

 

 

 

 

どの子もはじめからこれだけの働きができたわけではなく…

共に汗を流す職員からの叱咤激励、多くの方々のご協力とご理解のもと「2年間継続」して野良仕事に取り組んできた成果

 

 

 

心身のたくましさ

他者との相互の信頼感

自己決定とその結果に対する責任感

仕事に対する考え

人との関わり方

仲間との協調性

身辺自立

物事に前向きに取り組む姿勢

他者との関係性における望ましい自己のあり方

自然のなかでの活動から得られる豊かな感性 etc

 

 

 

継続して野良仕事に取り組んできた子供たちは確かな成長を見せてくれています。

 

今回の野良仕事の様子からも、

小さな積み重ねを続けてきた結果としての「成長した姿」をご覧になっていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

2月7日、美しく畝が並んで…「畑」らしく

週に一度しか仕事のお手伝いができない私たちですが、その間も畑を管理維持されている皆様にはいつも頭が下がる思いです。

 

 

 

 

 

 

 

使っている鍬は…

 

この日は野良仕事初期から参加している経験豊富な上級生メンバーが中心

畝の整備、畝の間の溝を鍬で整えます。

 

 

 

 

 

仕事の内容を伝え、鍬を手にすると…

 

 

 

 

 

このたくましい姿!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年間、畑で山で大人と一緒に仕事に取り組み、汗を流してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日一日で出来ることは本当に「小さなこと」ですが、

2年という時間をかけてきた彼らは、室内に閉じこもって過ごしてきた小・中学生には決してない「強さ」を身につけてきたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年、2年前の春、エールサポートの野良仕事に参加し始めた頃の3人

インドア派で力仕事では頼りなさがありましたが…

 

 

 

 

 

2016年、こんなにも見違えて

 

 

 

 

 

 

 

トラクターが入って畝はきれいですが、周囲の溝を鍬と谷がき鍬で整えていく力仕事

 

さて、仕事はまだまだ始まったばかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年前の彼には想像もできなかったようなこの仕事ぶり

 

 

 

 

 

 

 

「職人肌な彼」の丁寧さに、昔以上に「男の子らしい力強さ」も見られて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進学して後も毎週のように参加してくれているメンバー

 

 

 

 

 

新しい環境で一年経って変化も多かったと思いますが、互いによく知った仲間が集うエールサポート

ひとつの居場所として「かわらずの付き合い」が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

遠方から朝早く電車を乗り継ぎ参加してくれるメンバー

気が付けば知り合ってもうすぐ3年目になろうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

平日とはまた違った顔の少年たち

若い彼らと共に毎週自然の中で汗を流してきました。

 

 

 

 

 

 

 

「汗を流して 共に働く」

私たち職員と子ども達は、教える側と教えられる側という関係ではなく、エールサポートクラブというひとつの共同体のメンバーとして「共に」活動しています。

 

 

 

 

 

私たちの活動をレッスンやトレーニングと名付けていたとしたら、彼らは2年間も参加してくれなかっただろうと思います。

 

 

 

 

 

メンバーがお互いを「ひとりの人」として認め合って共に汗を流してきたからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどいことも楽しいことも分かち合ってきたからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冗談を言い合い他愛ない話をして気負わずに隣にいられるからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でも教師でもないけれど、職員を身近な大人の一人として彼らが考えてくれているからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには仲間がいるからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにはするべき仕事があるからこそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがみんなの「居場所」と感じてくれているからこそ…

2年もの間、エールサポートクラブの活動に継続して参加してくれているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「使っている鍬は光る」

毎日のように使っている鍬の刃は土に研がれて光っている。

同じように、自分の仕事に打ち込んでいる人は精気にあふれ、生き生きしているということ。

 

 

 

 

 

 

 

毎週の野良仕事は活動日記にブログとして綴ってきました。

 

 

 

 

 

子ども達のその日その日の「働く姿」、そして少しずつではあっても「成長していく姿」をご覧になっていただければ、

 

 

 

 

 

2年という時間をかけて続けてきたことは決して無意味ではない

 

 

 

 

 

少年時代に一生懸命に仕事に取り組んだ経験があることは決して無駄ではない、と感じていただけるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二度と巡っては来ない少年時代を室内に閉じこもって過ごしていたならば…

 

錆びつかせてしまっていたかもしれない「心と身体」

 

エールサポートの活動の中で、自ら研ぎ光らせてきた子ども達

 

 

 

 

 

「使っている鍬は光る」のです。

 

 

 

 

 

 

 

メリハリのない、自分で選ばず自分で決めず、無気力な、怠惰な日々ではなく、

 

 

 

 

 

主体的に仕事に打ち込み生き生きと充実した生活を送る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、ちょっと(?)ゆがんでしまっていますかね…

 

 

 

 

職員も子ども達も、畑ではまだまだ修行中の身、これからも精進していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

何にもなかった畑、微力ながら自分たちの手で鍬を持ち野良仕事に取り組んで

 

 

 

 

 

 

 

人にひけらかすための派手さは求めず、実直に勤勉さをもって事に当たる

私たちのこの社会を成り立たせているものの大部分は、そのような「生真面目な働き」や「利他的な誠実さ」によっていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

以前刈り取った竹の処分をお手伝い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く野良仕事にあたってきた上級生たち

「したいこと」だけするのではなく、「するべきこと」をこなすという仕事に対する姿勢がきっちりと身についてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑の北側

マルチや防虫ネットがかかって支柱も立っています。

 

 

 

 

 

南側

畝上げも完了して

 

 

 

 

 

2月の畑はこんな感じで殺風景

 

 

 

 

 

ですが…完全無農薬有機栽培のクルレさんの畑

暖かくなればあっという間に雑草天国…

 

 

 

 

 

 

今年も「楽はせず楽しいことだけせず」自然のなかで勤勉に働いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

畑を移って収穫をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑いときも寒いときも外に出る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「子どものために」と冷暖房のきいた部屋で過ごさせるような、一定の快適さの中に子ども達をとどめておくことは、成長の機会を奪い、健全な身体を育むことを阻む結果となるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の空

低気温で上昇気流が発生しにくいので埃が少なく、乾燥して水蒸気量も少ない

 

 

 

 

 

澄んだ青の美しさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のびのびと過ごす日曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の味覚、もうすぐお別れの甘いダイコン

 

 

 

 

 

季節は巡って、また次の冬に収穫できるように野良仕事に精を出して

コメントを残す