11/15(日) 《カタツムリの速度で》|【エールサポートクラブ】明石市神戸市放課後等デイサービス

明石市、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、農業、療育

 

 

先週に引き続いていまいちの空模様で、前夜は雨が降り地面は湿っていますが、

「これくらいならいつも通りの畑だろう」と子ども達と一緒に野良仕事へ

 

 

 

 

 

 

どんより曇り空

 

 

 

 

 

 

水たまりとぬかるんだ地面

 

 

 

 

 

 

かれこれ1年ともに畑に出てきた仲間たち

 

 

 

 

職員も子どもたちと並んで

 

 

 

 

「じゃあ今日はこの畝から草抜きを」と声を掛ければ、みんなそれぞれ作業をはじめて

 

 

 

 

 

畝を覆っている緑はすべて雑草…

幸いに雨で土は柔らかく草は抜きやすいですが、いかんせん広い広い無農薬の畑ですから、

除草を全てこなすには膨大な手間と暇がかかります。

    

    

 

 

 

 

 

畑のいい土には雑草も大喜びのようで…元気に根を伸ばして

 

 

 

 

 

今週の野良仕事もドッロドロになりそうです。

 

 

 

 

 

この広い畑で、地道に一本一本雑草を抜いていきます。

 

 

 

 

 

 

ひとりでは到底できないようなことでも、仲間と協力してコツコツと進めていきます。

    

    

 

 

 

 

 

 

エールサポートクラブ開所とともにスタートした日曜日の野良仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

畑に行き始めた頃は、どの子にも「頼りないなぁ」と感じるところがありましたが、

「継続は力」

 

 

 

 

1年の時間の中で少しずつ「たくましく成長」してきた子どもたち

 

 

 

 

春、夏、秋、冬…ともに畑で

 

 

 

 

 

根気強く除草作業に取り組みます。

    

    

 

 

 

 

 

いつもコツコツと、ことさらに自己主張したり人目を引いたりすることもなく、

 

 

 

どんなことにも手を抜かず「真面目」に

 

 

 

 

 

 

 

各自が自分のなすべき仕事を

  ¥  

    

    

 

 

 

 

 

雑草を抜いては…

 

 

 

 

捨てに…

 

 

 

 

抜いては…

 

 

 

 

捨てに…

 

 

 

 

「よきことはカタツムリの速度で進む」

 

農業は 地道で地味なもの です。

 

 

 

 

 

野良仕事は 楽なことばかりではありません

 

 

 

 

 

だからこそ、1年以上続けてきた彼らはこんなにも「たくましく成長」してきたんだと感じます。

 

 

 

 

 

毎週日曜日の半日を屋外に出て、

 

 

 

 

 

仲間と並んで作業にあたり、何気ないやり取りに笑い合って。

農業・野良仕事を通して、たくさんのものを彼らは得てこられたんではないかと思います。

 

 

 

 

 

青空も見えだして、

 

 

 

 

 

もうひと踏ん張りで11時まで草抜きを続けます。

農業・農作業、畑での野良仕事を通じて「絆」を結び、「協働」する子どもたち

 

 

 

 

 

ふとした一瞬に絵画のような美しさや面白さがある畑での一コマ

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

大変なことをする

2時間雑草を真面目に抜き続ければ、大人でも握力がなくなるほど…

地味

単調

だからこそ、「面倒くさい」と逃げずに手を抜かずに取り組んだ時に育まれるもの

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ、思ってたよりたいへんだぁ」

 

 

 

「たいへんなこと」をするのが畑での活動です。

 

世の中にある「煩わしさ」から子どもたちを引き離してしまうのではなく、

その「煩わしさ」の経験から多くのものを学び、体得してもらいたいと考えています。

 

「煩わしさは悪いもの」という大人の価値観で、

学びのチャンスを子どもたちから取り上げ、成長を促す試練に子どもたちが挑戦することを阻むことがないように…

 

畑に出て大人と一緒に泥だらけになって頑張るエールサポートクラブの子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

作業も終盤に、収穫もさせていただきました。

    

    

 

 

 

 

まだ暖かさも感じる気候、もうすぐそこにせまる寒い冬に備えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

わけぎの収穫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業の本質

 

「時間をかけねば得られぬもの」

 

 

「よきことはカタツムリの速度で進む」

善きことはカタツムリの速度で進む

 

 

 

人が成長していくことももまた同じではないかと思います。

結果のみを求めて表面だけを磨き上げ、形を繕ったところで、「ほんとうに価値のあるもの」をその身の内に養ったことにはなりません。

傍目から見れば前に進んでいるように見えなくても、確実に地道に前進していく。

「時間がかかる」からこそ「いいもの」が子どもたちの内面に築き上げられていきます。

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに草刈りされたいつもの公園へ

 

 

 

 

11時半の昼食でも、みんな畑で体を動かしているので、ペロリとお弁当をたいらげて、

広い公園で自由に過ごします。

    

    

    

    

 

 

 

 

おにごっこで走り回って、

    

    

 

 

 

 

キャッチボールで汗をながして

    

    

 

 

 

友達と思いっきり遊ぶ

「これをするから」「あれをします」ではなく子どもたちの自由に

    

 

 

 

 

子どもたち自身でできることは大人が出る幕はありません。

    

    

    

 

 

 

 

畑でしっかり働いた子どもたちには、公園の時間はのびのびと遊んでもらえれば十分だと思っています。

    

    

    

 

 

 

 

よく遊び、よく学ぶ

    

    

    

 

 

 

 

畑と公園、あっという間の4時間です。

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わけぎ、にら、間引き菜、カブ、大根と旬の野菜をこんなに!

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す