9/6(日) 「神戸市立青少年科学館」へ遠足|放課後等デイサービス エールサポートクラブ

 

夏休みを終えて、9月はじめの日曜日はあいにくの悪天候で…野良仕事は中止

 

雨天時のプログラムとして遠足へ行ってきました。

 

 

今回の遠足の目的地は「神戸市立青少年科学館」

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

 

館内を職員と一緒に自由に見て回ります。

展示物、体験コーナーと各フロアに子どもたちの好奇心をくすぐる物があふれています。

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

 

制限時間内に何回ボタンを押せるか試してみたり、垂直跳びに挑戦したり。

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

 

そして、この日は「青少年のための科学の祭典」神戸会場大会が行われていましたので、お邪魔させていただきました。

会場内にはブースごとに多様な展示やワークショップが並んでおり、ステージでは大変興味深い実験を実演してくださっていました。

image  image  image

 

 

 

 

液体窒素を用いた「-196℃の世界」を体感する実験を拝見させていただきました。

テレビや教科書では見たことがあっても実際の実験を見るのはこれが初めてで、

image  image  image

 

 

 

 

実演者の興味惹かれる質問に、一緒に見ていた中学生と

「あぁなるんじゃない?」

「いや、でもさっきの実験と違うから」などと色々と考えながらの楽しい科学実験でした。

image  image  image

 

 

 

 

エールサポートの子どもたちの中には「科学好き」な子も多く、

image  image  image

image  image  image

 

 

 

科学部に入っていたり、何度も科学館に来たことがあったり。

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

館内のスタンプラリーを巡って、再びサイエンス・フェスティバルの会場に。

「せっかくだから何かさせてもらおうか」と、

image  image  image

image  image  image

 

 

 

「チリメンモンスター」を探すブースにお邪魔させていただきました。

手先が器用な彼は次々に小さな生物をピンセットで摘み出していきます。

最後にはブースの方が丁寧にそれぞれの生物の説明をしてくださいました。

image  image  image

image  image  image

 

 

 

探査機「はやぶさ」のクイズに挑戦したり、

image  image  image

 

 

 

大画面の体験型アトラクションに友達・職員と参加したり。

image  image  image

image  image  image

 

 

 

「先生、雨の日はまた来ような!」「めっちゃ楽しかったし」と楽しい遠足となった様子の子どもたち。

image  image  image

コメントを残す