《ワークキャンプ》2015・4日目 |【エールサポートクラブ】明石市神戸市放課後等デイサービス

 

8月イベント

   

夏休みだからこそできる

自然の中での体験活動 と 仲間との集団行動

  8/2(日)

  そうめん流し”里山で竹を切るところから”

     

  8/9(日)

  フットサル大会 ”キッズ交流大会”

     

  8/12(水)~15(土)

  ワークキャンプ

     

  8/22(土)~23(日)

  エール合同 サマーキャンプ

 

 

ワークキャンプ

 

3泊4日の <ワークキャンプ>

 

自分でできることは自分でする=自立

たいへんなときは仲間と力を合わせる=共働

 

親元を離れて、移動距離490kmの電車旅

 

山に囲まれた自然豊かなNPO法人さんの農場

農業体験・動物のお世話などの体験活動

 

古民家で仲間と寝食を共にする

エールサポートクラブだからこそのできる宿泊体験

 

 

8月15日(土) キャンプ4日目

 

最終日も5時すぎに起床

最後の朝をみんな気持ちよく迎えられた様子

    

IMG_8853  IMG_8851  IMG_8852

 

 

 

 

 

準備できたら農場へ出発

 

 

 

 

 

遠くに白く輝く峰を眺めて

 

 

 

 

 

牛舎からは元気な動物たちの鳴き声が聞こえてきます。

 

A:「なんて鳴いてる?」

職員:「モーって鳴いてるな」

A:「ちがうで、『ウゥモォ~!』やで」

職員:「そうやな(笑)、上手いな~鳴きまね」

 

 

 

 

自分たちでするべきお仕事が分かっているようで、細かい指示がなくても進んで

優しく頭をなでてあげたりしながら、不満を言うこともなく仕事を進めている2人

image    image  image

  image  

 

 

 

 

目の前にいる牛やヤギたちのためにしているという責任感

image  image  image

    image  

 

 

 

 

 

「いろいろな経験」を積む

はたから見ればなんてことのない小さなことでも、

「やったことがある」ということが、「これから」の大きな結果に結びついていくものと思います。

IMG_0660  IMG_0679  IMG_0672

IMG_0676  IMG_0680  IMG_0667

IMG_0684  IMG_0687  IMG_0707

 

 

 

 

 

動物のお世話を終え、朝日に包まれて…

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

 

仲間と並んで記念撮影

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

 

 

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

 

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

 

動物たちに別れを告げて

  image  image  image

image    image  image

 

 

 

 

 

美味しいパンと牛乳、おかわりしてお腹いっぱい

image  image  image

image  image  IMG_8945

IMG_8934  IMG_8936  IMG_8940

 

 

 

 

 

朝食後は帰りの準備に取り掛かります。

荷物の整理、部屋の清掃

IMG_8948  image  image

image  image  image

 

 

 

 

「できることは自分でする」

身辺自立が生活していくうえでの基本

 

「誰かがしてくれる」というあまえは捨てて、

自分の物は自分で管理、使った物はきちんとしまう、

身の回りは清潔に、当たり前にしなければならないことは当たり前に

IMG_8961  IMG_8960  image

image  image  image

 

 

 

 

 

 

全員集合での記念撮影…

ひとつ屋根の下、お家から遠く離れた土地で、同じ時間を過ごした仲間

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

 

お昼ご飯までの自由時間には1時間ほど散歩

「一緒に散歩行く?」

「どこいくの?」

「そのへんブラブラ、行く?」

「うん」

「塩の道」と呼ばれた街道を少し歩いてみました。

image  image  image

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

 

昨日の雨のおかげか、空の青さも鮮やかに見えます。

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

 

 

 

 

帰りの電車内で食べるおにぎり作り

不器用なりにみんなワイワイと集まって、自分の食べるおにぎりを握っています。

image  image  image

image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

 

今日はお姉さんがマッサージをしてあげる番のようで

image  image  image

 

 

 

 

きれいに片づけが済んで、帰りの準備もできました。

image  image  image

 

 

 

 

 

最後の食事は「三色鶏そぼろ丼」

毎食美味しい料理を用意してくれた女性陣に感謝

「おいしい」「おいしい」とたくさん食べて、元気にキャンプを過ごすことができました。

image  image  image  image

image  image  image

 

 

 

 

そうして、ついにこの地を離れる時間

 

 

 

各自大きな荷物を積み込んで、

IMG_9123

 

 

 

3泊4日お世話になったお礼を伝え、

IMG_9124

 

 

 

「また来るね」「元気でね」とお別れの挨拶をします。

IMG_9127

 

 

 

駅まで車で送っていただき、「ありがとうございました!さようなら!」

行きは太平洋周りでしたが、帰りは日本海周りで

image  image  image

image image image

image image image

 

 

 

 

IMG_9148

 

 

 

トンネルをいくつも抜けて列車は進みます。

IMG_9152

 

 

 

 

IMG_9158

 

 

 

 

みんなが疲れて寝ていても「電車好き」は先頭車の特等席に陣取って…

IMG_9180

 

 

 

 

 

IMG_9159

 

 

 

 

IMG_9170

 

 

 

 

IMG_9153

 

 

 

 

ガタンゴトンと心地よい揺れの中での眠りから覚めて降りる準備

IMG_9181

 

 

 

 

新幹線に乗換え

image  image  image  image

 

 

 

 

流線型の美しい車体が滑るようにホームに入って来ます。

「E7系はくたか」に乗車し金沢駅まで

 

 

 

 

新型車両に乗り込み、快適な鉄道の旅

image  image  image

image image  image  image image

IMG_9195  IMG_9196  IMG_9193

 

 

 

 

金沢から大阪までは2時間半ほど「特急サンダーバード」

image  image  image

image  image  IMG_9228

IMG_9262  IMG_9265  IMG_9266

 

 

 

 

車内では乗車マナーを守ってそれぞれに時間を過ごします。

image  image  IMG_9292

image  IMG_9274

 

 

 

 

去年のキャンプでは、大雨のため、急遽おまけの一泊と言う大変な目にあいましたが、

今年は無事に予定通りの行程

IMG_9293

 

 

 

 

サンダーバードを降りて、新快速にて明石まで

IMG_9296

 

 

 

30分ほどで明石に到着

IMG_9303

 

 

 

疲れも見えましたが大きな荷物を背負って、長い旅路を自分の足で帰ってきました。

 

 

 

 

改札前にはお家の人にお迎えに来ていただいています。

「おかえり」と「ただいま」

IMG_9310

 

 

 

特段のトラブルもなく無事に長い長い電車旅を終えることができました。

みんな、お疲れ様!

IMG_9312

 

 

編集後記 「 WORK 」  CAMP 

 

エールサポートクラブの一年を通しても、一大イベントのワークキャンプ

子どもたち、ご家庭、NPO法人のみなさんのご協力のおかげで、なんとか無事に終える事が出来ました。

去年の倍の人数での長旅、長期宿泊に慣れていない子、

同行するスタッフも去年以上に気を引き締めてキャンプに備えていました。

 

 

 

エールサポートのキャンプは単なる「夏の思い出作り」だけを目的にはしていません。

< 家から遠く離れて、家族以外の人と、寝食を共にする >

< WORK 「仕事」の中で、仲間とともになすべきことをする >

 

 

 

ワークキャンプでは、

「新しい環境」と「新しい関係」において、

自分の心で感じ、自分の頭で考える機会を子どもたちに持ってもらおうと考えています。

 

 

 

いつかは大人になる子どもたち

他者とともに同じ場所、同じ時間を過ごすためには何が求められるのか

「仕事」という「主体的に行う社会への参加活動」はどんなものなのか

3泊4日、子どもたちの姿を間近で見てきて、

言葉で教えるだけでなく、実際に経験して学びとるキャンプになったのかなと感じています。

 

 

「苦手なこと」「難しいこと」があっても、

エールサポートクラブでの活動を通して、

「これから」を生きていくための「たくましさ」を養ってもらえたらと思います。

 

 

10年後の笑顔と自立のために…

明石、朝霧、放課後等デイサービス、エールサポートクラブ、夏休みイベント、長野キャンプ

コメントを残す