4/12(日) 野良仕事 外遊び|放課後等デイサービス エールサポートクラブ

 

3月15日以来、1か月ぶりの野良仕事に行ってまいりました。

image  image  image

 

 

久しぶりの畑は畝立ても終わり、とてもきれいな畑となっていました。

クルレさんはじめ多くの方々の尽力にはいつも頭が下がる思いです。

image  image  image

 

 

無農薬の畑なので除草作業は欠かせません。

image  image  image  image

 

 

あっという間に雑草に覆われてしまいます。

image  image  image  image

image  image  image  image

 

 

「こんなんメンドクサイ、あれや、薬入った肥料みたいなんまいたらええやん」と物知りな小学生

image  image  image  image

 

 

この畑は「無農薬」で野菜を作っているということ、「楽」だから「いい」のではないということを職員から聞くと、「ふーん」との返事。

今はピンとこなくても子どもたち自身が実体験の中から、大切なことを学び取っていってくれるだろうと思います。

image  image  image  image

image  image  image

 

 

畝の間に通り道を作りました。

image  image  image  image

 

 

足元はぬかるみ、うっかりしていると足元をとられます。 足元の悪い畑で作業にあたることで、バランス感覚と足腰の力が自然と養われます。

image  image  image

 

 

野良仕事の中で、自分のするべきことを考えて、それぞれの役割を担ってもらっています。

image  image  image  image

 

 

自分の「したいこと」をするのではなく、

仲間との作業の中で自分が「するべきこと」をするという責任感を育んでいけるのが畑での活動の意義のひとつだと思います。

image  image  image

 

 

 

新緑が目に鮮やかな公園での昼食

image  image  image

image  image  image

 

 

仲間で輪になってボール遊び

image  image  image  image

image  image  image

image  image  image  image

 

 

のびのびと子どもらしく外遊び

image  image  image  image

image  image  image  image

 

 

普段は近くにいるとケンカ腰のやり取りの多いこの2人

今日はAくんのさすが上級生という余裕のある対応で上手く関わりを持てていました。

Aくん「先生、これ難しいですよ、見ててください」

Bくん「えー、なになに?どんなん?」

Aくん「一本だけで渡るねん」

Bくん「簡単やし!こうやろ」

Aくん「ちゃうわ、こうや!」

image  image  image  image

 

 

職員からの働きかけがなくても、自然と輪になって遊ぶ子どもたち

image  image  image  image

image  image  image

image  image  image  image

 

 

「ちょっとグローブ柔らかくなってきた」と野球少年

image  image  image

image  OLYMPUS DIGITAL CAMERA  image

コメントを残す