12/28(日) やま仕事 外遊び|放課後等デイサービス エールサポートクラブ

28日は2014年最後の日曜日。

畑での野良仕事ではなく、里山へ行き「やま仕事」をさせていただきました。

image image image image

 

 

 

「やま仕事」には初参加の小学生もいました。

みんなヘルメットをかぶって、森の中へ。

image image image image

image image image

 

 

 

 

前回、参加してくれていた子は、慣れた様子でのこぎりで木の伐採にあたりました。

image image image image

image image image image

 

 

 

 

初参加の子もスタッフと一緒に一生懸命のこぎりをひきます。

image image image

 

 

 

 

 

指定場所にある木は大きなものも、小さなものも切ってもよいので、

「どの木を切る?」とスタッフが尋ね、子どもたちが「これ!」と思い思いに作業を進めていきます。

image image image image

 

 

 

 

森の中で、子ども達は「そこにあるもの」でめいっぱい楽しんでいる様子。

ブランコをしたり、木登りしたり、冒険したり…

image image image image

 

 

 

 

山に入り、のこぎりを手にすると、

「男の子」が持って生まれたものなのか、真剣な表情で次々に木を切っていきます。

image image image

 

 

 

スタッフも負けじと、大木にチャレンジしますが…のこぎり一本ではかなりの苦戦を強いられたようです。

image image image

image image image image

 

 

 

 

退屈することもなく、あっという間に時間が過ぎました。

image   image image

 

 

 

 

原木椎茸の栽培もされており、見せて頂きました。

image image

 

 

 

 

公園に移り、仲良くお弁当。笑い合い賑やかなランチタイム。

image   image image image

 

 

 

「30分しかないけど遊ぶ?」と尋ねると、

「遊ぶ!遊ぶ!」「先生!また忍者ごっこしよう!」と元気な返事。

image image image image

 

 

 

「外に出る」    「身体を動かす」

「様々な経験を積む」 「他者とコミュニケーションをとる」

image   image image

image   image image

 

 

 

そのような子ども達にとって「当たり前でも大切な体験」を、

エールサポートでたくさんしてもらえればと思います。

image image image image

コメントを残す