12/14(日) フットサル大会|野良仕事 外遊び|放課後等デイサービス エールサポートクラブ

 

14日は午後から大蔵海岸で行われる「第三回日本健康フットサル連盟大会」に参加することもあって、

野良仕事にもたくさんの参加がありました。

    

 

 

 

 

 

 

冬の朝日がさし、

 

 

 

 

 

 

 

冷たい空気の中で

 

 

 

 

 

 

人数が多いこともあって、それぞれ気の合う仲良し同士で集まって、分担作業になりました。

    

    

 

 

 

 

 

 

里芋を掘り、畑に堆肥をまきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな気温が低いなかでも一生懸命作業にあたっていました。

    

    

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

いつもの公園へ移動。

子ども達はお家の方の愛情がこもったお弁当を美味しそうに食べています。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こどもは風の子、おとなは火の子」の通り、

 

 

 

 

 

 

スタッフが「寒いな~」と言っている横では、子ども達は遊具や鬼ごっこで元気いっぱいで遊んでいます。

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイコン、ジャガイモ、里芋をいただきました。

 

 

 

 

 

 

13時には大蔵海岸フットサルコートへ移動して、大会へ参加させていただきました。

 

 

 

 

 

真新しいコートに入って、開会式・準備体操・ウォーミングアップを行いました。

 

 

 

 

 

小学生も中学生も、本格的な設備と一流の指導者を前にやる気満々の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コート周りをランニングして、十分に体が温まったところで、基礎練習を指導していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールを使っての運動が得意ではない子もいたので、心配な部分もありましたが、

そのような子も、仲のいい友達や親しいスタッフと一緒だからか、前向きに参加できている印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

残念なことに、時間の都合で予定していた試合に参加することが出来ず、楽しみにしていた子には申し訳ないこととなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

不満げな顔をしている子に、「また次に参加させてもらった時には、試合をしような」

「その時までには、今日教えてもらったことを忘れないで、もっとうまくなっておこう」と声を掛けると、

納得してくれたようで、「まあ、まだ下手やしな、エールでまた練習しとかな」と頼もしい返事までしてくれていました。

 

 

 

 

 

 

畑に公園にフットサル大会と、充実の冬の一日となりました。

コメントを残す