10/26(日) 芋掘り|野良仕事 外遊び|放課後等デイサービス エールサポートクラブ

 

実りの秋10月最後の野良仕事は「芋掘り」です。

    

 

 

 

 

除草やツルあげをして、「早く芋掘りたいなあ」と言っていたのが8月。

「いいやん、もう掘ろうよ!」とせっかちな子もいました。

「今はまだ芋できてないで」「土の中で大きくなってからやな」との声掛けに「わかったよー」との返事。

あれから早くも2か月がたって、待ちに待った芋掘りをさせていただきました。

    

 

 

 

 

 

いつにも増して真剣です。

 

 

 

 

大切な収穫物に傷をつけないように手で掘り起こしていきます。

 

 

 

 

 

「先生見て見て~!」と大きなサツマイモを自慢げに見せてくれます。

    

    

 

 

 

 

 

 

不思議なくらいたくさん土の中から現れます。

 

 

 

 

 

 

無農薬の畑で大きくなった立派なサツマイモです。

 

 

 

 

 

芋掘りがひと段落すると、次は落花生の収穫に。

    

    

 

 

 

 

シートを広げて、その上で鈴なりに生った落花生を手で取っていきます。

    

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘り起こしてフカフカの芋畑で寝転がる子は、

「サボるなー!仕事しろー!」と年上の仲間に注意されていました。

    

    

 

 

 

 

 

最後は堆肥を畑にまきます。

    

 

 

 

 

堆肥の山を崩して、堆肥をバケツや一輪車に移すのはなかなかの重労働です。

「くさい」「汚い」と文句を言うような子はいませんでした。

率先してシャベルを握って、テキパキと作業に当たってくれました。

    

    

 

 

 

 

 

バケツに入れたら、みんなで一列に並びバケツリレー

    

 

 

 

 

 

子どもたちは笑顔で、「はい!次!」と元気にバケツを渡していきます。

    

 

 

 

 

 

一つのことを仲間と協力して取り組むことに、楽しさを感じてもらえればと思います。

    

    

 

 

 

 

 

 

 

畑での野良仕事を終えて、公園へ

 

 

 

 

 

よく働いたためか、すでに畑で「お腹すいた」と言っていました。

美味しいお弁当を頬張ります。

    

 

 

 

 

 

原っぱの草もすっかり色が変わってきました。

「スポーツの秋」と言われるに相応しい運動するには絶好の気候です。

    

 

 

 

 

 

キャッチボールをしたり、フリスビーを投げたりして、外遊びが始まりました。

image  image

  

 

 

 

 

 

 

指導員の周りに集まって、サッカーボールで「とりかご」をしました。

 

 

 

 

 

 

ボールを狙ってくる鬼から、ボールを守りつつ、うまくコントロールして次々にパスを出していきます。

小学生、中学生、高校生と年齢の異なる子どもが集まって遊ぶという機会は、

普段の生活ではなかなかないことだろうと思います。

    

 

 

 

 

 

 

 

ボールひとつで仲間と輪になって遊ぶ経験は、決して無駄なものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

「ボール遊び」の中でしてきたことは、いつか「スポーツ」と呼ばれるようになります。

「スポーツ」とは健康で前向きな毎日を送るための身体を用いた活動です。

    

    

 

 

 

 

 

 

はじめから「スポーツ」を習うことは、大変だと感じるような子どもたちにも、

「スポーツ」へと通じる「遊び」を、エールサポートでたくさんしてもらいたいと考えています。

image  image  image

 

 

 

 

 

 

不器用でボール遊びには消極的だった子が、ボールを取りに走ったり、パスを出したりする姿を見ると、

「こんなこともできるようになったのか」と子どもの成長に感心させられます。

image  image  image

 

 

 

 

 

 

まだまだ遊び足りない様子の子もいましたが、また次回を楽しみにしてもらう事として、帰り支度

    

 

 

 

 

ふとした所に秋を感じる日曜日でした。

image

 

 

 

大きなサツマイモ2種類を今回の収穫物としていただきました。1週間ほどは干して水分が抜けると、おいしいとのことで、今から楽しみにしています。

とても重たく、電車で帰った子どもたちは大変だっただろうとは思いますが、「実りの秋」を袋いっぱいにお家まで届けてくれたことともいます。

image

コメントを残す